エリアを知らずにWiMAXを使うのはやめにしませんか?

wifiエリアまとめ
WiMAXのエリアは全国的にかなり広がったので、都内であれば圏外になることはまずありえないでしょう。もちろん地下や電車内、新幹線の走行中においても快適にWiMAXを使用することができます。

ただし、東京都でも23区外の一部のエリアにおいては、繋がらない地域があるようです。奥多摩などの一部のエリアでは、WiMAXだけではなく、au4GLTEやスマホでも電波が入らないので、この場所での通信はあまり期待できないでしょう。

日本全体では、WiMAXの電波が入らない地域はまだまだ多いので、旅行や出張などで地方へ行く時はは気をつける必要があります。

東京以外では、すぐ近所に移動しただけなのに圏外になるような地域もあるため、急な出張や引っ越しで東京以外に住所を移すときは、事前のエリアチェックがかかせません。

WiMAX契約中に通信速度の遅い場所に新居を構えてしまっては、せっかくのWiMAXもまったく無意味になってしまいます。

エリアチェックは、UQコミュニケーションズのサイトでできます。トップページ上部にあるエリアのタブに入ったあと、サービスエリアを選択します。

そうすると「ピンポイントエリア判定」ボタンがでてくるので、それをクリックしてあとは現在地の住所を選択するだけです。WiMAXを契約していれば、契約しているプロバイダ等関係なく誰でも使うことができます。

WiMAXの電波は端末まで(障害物がなければ)一直線に飛ぶため、エリア圏外でもたまに繋がることがあります。ですが、エリア圏外で繋がったとしても、快適なネット環境になることはまずないので、利用はオススメしません。

ほぼカバーされている東京ですが、WiMAXの機種によっては、建物が密集したような場所では通信速度が遅くなったり、圏外になることがたまにあるようです。とはいえ、日々進化しているWiMAXにおいては、そういった状況が少なくなっているのは確かです。

WiMAXが繋がりにくいというのは過去の話です。東京都のほとんどの地域で440Mbpsの高速通信ができ、さらに558Mbpsの高速通信もはじまっています。

これは、都内の高層ビルの最上階でも、1080pの高画質動画を楽しめる通信速度ですので、かなり優秀といってよいでしょう。WiMAXは非常に努力しているともいえます。

都内で使用するならまったく心配する必要はないといえますが、WiMAXを検討中で不安な方は、一度、エリアや状況を確認してみるといいかもしれません。

Comments have been closed/disabled for this content.