仮想通貨投資の注意点やチャート分析の方法について

仮想通貨は、現在ニュースでも多く取り上げらておりますが、国内大手の取引所である「コインチェック」からの資産流出問題を受け、その影響が世界規模で拡大し、仮想通貨の大幅暴落を招いてしまう事が懸念されております。

しかし、その一方ではセキュリティー強化等の施策も講じられ、今後の仮想通貨の動きに注目が集まる事も予想されております。

そこで仮想通貨への投資を検討されている方に、仮想通貨の種類や取引所、取引を行う際の注意点やその分析方法についてご紹介します。

先ずは多くの方が名前くらいは聞いた事がある「ビットコイン」です。ビットコインは世界で最初に流通を始めた仮想通貨で、現在の仮想通貨の中での時価総額ランキングが1位となっております。

更に2010年以降でその価格は何と2,500,000倍にもなる程の人気の高さを誇っております。

次にご紹介するのが「イーサリアム」と言う仮想通貨です。イーサリアム時価総額は世界第2位の2兆億円以上と言われており、その価値の上昇率も2017年には40倍も上昇したと言われており、世界中の投資家の間でも注目を集めております。

又、「ライトコイン」と呼ばれる仮想通貨は、その時価総額が世界第5位にランクングされておりますが、ビットコイン等の価値が暴落した際の影響も最小限の留め、その後は価値が急騰した仮想通貨です。

又、2015年から現在までの価値もおおよそ40倍になっており、投資家の注目を集めている仮想通貨です。

次に仮想通貨を売買する為に必要になって来るのが取引所になりますが、日本国内にもいくつかの取引所が有りますのでご紹介します。

先ずご紹介する取引所は「ビットフライヤー」です。ビットフライヤーの特徴は、仮想通貨の初心者には嬉しサポート体制が充実している事で、平日は9時から19時迄の間で有ればサポートを受けながら仮想通貨の取引を行う事が出来ます。

又、スマホのアプリの使い易さにもその人気の高さを伺う事が出来ます。又、ビットフライヤーは大手企業の出資を受けている点でも安心して取引を行う事が出来る取引所です。

次にご紹介するのは「ザイフ」です。ザイフの特徴は登録方法が非常に簡単で、取り扱っている仮想通貨が多く、しかもセキュリティー面での安全性に定評が有ります。スマホのアプリに若干の使い難さは有りますが、お薦め出来る取引所で有ると言えます。

次に仮想通貨への投資をお考えの方への注意点ですが、仮想通貨への投資は儲かる可能性と損をする可能性の双方を持ち合わせております。ご自身の資産を大きく減らしてしまうリスクを持っている事を認識しておく必要が有ります。

更に言えば、仮想通貨の世界は、銀行や証券会社等とは異なり、万が一の際にも全て自己責任となり、例えば銀行が倒産等した場合の補償等は無い事を理解しておく事が大切です。

又、仮想通貨に登録をされた場合には、必ずそのセキュリティー対策を行う事が重要で、現在では各仮想通貨で行われている2段階認証などの設定を必ず行う様にします。

次に、実際に仮想通貨への投資を行った場合、どの様にして資産を増やして行けば良いのかその方法を確認して見ましょう。

仮想通貨には様々な指標の分析方法が有りますが、ここでは株式投資等でも目にするチャート分析に付いて説明します。

チャート分析は、対象となる仮想通貨の過去の値動きを折れ線グラフ化した物で、分刻みや時間刻み、日にち刻み等の値動きを確認する事が出来るツールです。

そのチャートを分析する事で、この先通貨が上昇するのか或いは下落するのかの分析をお行い、売買のタイミングを見極めます。

又、このチャートには「上値抵抗線」や「下値抵抗線」等の目安となる指標線も加えられており、よりチャート分析を行い易い様に設定する事が出来ます。

Comments have been closed/disabled for this content.